プエラリアミリフィカの歴史

美容界で多くの方が支持しているプエラリアミリフィカ。
女性ホルモンを活性化させるために、美肌やバストアップなど、女性の美を引き出してくれる成分として、注目を浴びています。
更年期症状の緩和など健康にも効果があるということで、若い方から高齢の方まで、多くの方が愛用しています。
そんなプエラリアミリフィカですが、そもそもその始まりはどのようなものだったのでしょうか。

プエラリアミリフィカは、タイの特定の地域にのみ自生している植物です。
日本をはじめとしたその他の地域では自生しておらず、非常に希少なものであると考えられています。
プエラリアミリフィカを食べていた女性が、非常に女性らしく美しいということや、長く生きているということがわかり、プエラリアミリフィカに高い美容効果があるのではないかと研究され、その成分が世界的にも知られるようになりました。

その高い効果に多くの方が興味を持ったのですが、1999年1月に、乱獲によるプエラリアミリフィカの絶滅を防ぐために、保護植物に指定されました。
そのため、プエラリアミリフィカは、許可を得なければ採取や輸出をすることができません。
しかし、近年になって日本でのプエラリアミリフィカの栽培が成功したため、これから国産のプエラリアミリフィカが増えていくのではないかと予想がされており、反対に数が減少しつつあるタイのプエラリアミリフィカが価格高騰を起こすと考えられています。