プエラリアミリフィカの輸入事情

プエラリアミリフィカは、タイとミャンマーの国境の付近に自生する植物です。
この特定の地域にのみ自生しているため、他の地域で野生のプエラリアミリフィカを入手することは難しいとされています。
私たちが手にしているプエラリアのほとんどが、タイのものです。
タイではプエラリアミリフィカが保護植物に指定されているため、採取や輸出にも許可が必要となっています。
また、野生のプエラリア自体も、世界的なプエラリアミリフィカのブームによってどんどん減少してきているという現状があります。
そういったことから、今後はプエラリアの価格がどんどん高騰していくのではないかと予想されています。

反対に、近年では日本でプエラリアミリフィカの栽培が成功しており、今はまだその数量も少ないですが、これからどんどん国産のプエラリアミリフィカが増えていき、入手しやすくなっていくのではないかと考えられています。
国産のプエラリアミリフィカが増え、これまでよりもプエラリアミリフィカを気軽に入手することができるようになると、質が高くてコストが安いプエラリアミリフィカを入手できるようになるかもしれませんね。
また、これまでには無い新しいプエラリアミリフィカを使った美容グッズや化粧品が販売されるようになるかもしれませんよ。